テロメア

 

テロメア

“テロメア” の続きを読む

LUMINESCE™ cellular rejuvenation serum

濃度にこだわった美容液。角質層奥深く浸透し、ハリ、弾力、潤いを与えます。

[ノンパラベン・無香料・無着色・オイルフリー・アルコールフリー]

● 朝晩の洗顔後すぐにお使いください

● 2~3プッシュ取り、お顔全体に下から上へと軽く円を描くようにつけます

● セルラーセラムの後に、朝はモイスチャライザー、夜はナイトリペアをお使いください

● 乾燥が気になる場合は、セルラーセラムをお使いの後、お手元の化粧水などをお使いください

インスタントリー IA

インスタントリー IA(通称「 コンシーラー(*1)」)は目の下のふくらみ、クマ、小ジワなど、年齢肌の悩みを隠すベースメイクです。
先端エイジングケア(*2)成分「アセチルヘキサペプチド-8」は塗るボトックス成分といわれ、若々しい肌印象にみせてくれます。
*1  商品名「インスタントリー IA」通称「 コンシーラー(*1)」または「エイジエスコンシーラー」のこと
*2 エイジングケアとは年齢に応じたお手入れのこと。

アサイベリーの主な成分とその効果

アサイベリーの主な成分とその効果
・アントシアニン
フランスでは高脂肪の食事と喫煙習慣が多いにもかかわらず、心臓血管の疾病発生率が低く、これはぶどう(特に皮部分)に含まれるポリフェノール、アントシアニンが抗酸化物として働き、LDLコレステロールを減らしているから、と言われています。赤ワインやチェリー、ベリー類には多くのアントシアニンが含まれています。
アサイベリーに含まれるアントシアニンはシアニジン-3 グルコサイド(C3D)と呼ばれる種類です。これには、トロロックス(Trolox=ビタミンEの類似体で抗酸化力を測る際の比較対照として使用される)や赤ワインに含まれるアントシアニン(マルビジン-3 グルコサイド)の3.5倍の抗酸化力があります。
アントシアニンには、「糖尿病性網膜症」や「乳房線維嚢胞病」などに対する臨床効果があるとされてきましたが、放射線からの保護作用、化学物質からの保護作用、血管の保護作用、消炎効果などが期待されています。
アントシアニンには、デルフィニジン、シアニジン、マルビジン、ペツニジン、ペオニジンなどいろいろ種類があります。このうち特に抗酸化力が高いといわれているのは、デルフィニジンやシアニジンとされています。
■アントシアニン量比較(100g)■
アサイベリー 414mg
クランベリー 389mg
くわの実 344mg
ビルベリー 339mg
ブルーベリー 89mg
ぶどう 69mg
チェリー 42mg
ラズベリー 38mg
いちご 22mg
青りんご(皮) 0.05mg

・必須脂肪酸
脂肪酸は脂質に含まれる主な成分です。脂肪酸は、その構造によって、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられます。 アサイベリーに含まれる脂肪酸の組成比率はオリーブオイルに似ています。
ちなみにオリーブオイルは、地中海諸国における心臓病の発生率が低いことの要因とされています。その組成比率は、60%がオレイン酸、12%がリノール酸から成っています。
オレイン酸は、n-9系の一価不飽和脂肪酸であり必須脂肪酸です。いわゆる善玉といわれているHDLコレステロールの値を下げることなく、LDL(悪玉)コレステロール値を下げる働きがあります。リノール酸は、n-6系の多価不飽和脂肪酸であり、これもまた、必須脂肪酸のひとつです。LDLコレステロールとHDLコレステロールの両方の値を下げる働きがあります。

・植物性ステロール
植物の細胞を構成する成分のひとつで、植物全般に含まれているものです。特に豆類や穀類の胚芽に多く含まれています。その主な働きには、コレステロールの吸収阻害、免疫システムへの作用、抗菌・抗炎症作用などがあります。
アサイベリーには、この植物性ステロール(βシトステロール)が豊富に含まれていることから、コレステロール値の減少や免疫力の改善、さらには前立腺肥大にも効果があると期待されています。

アサイとは

アサイとは
 アサイの和名はワカバキャベツヤシ。ヤシ科の植物で小さな紫色の丸い実で、アマゾンの原住民が代替医療として利用していた幻の果物です。アマゾン地方を中心に川沿いなどの低湿地帯に生息、年間を通して花が咲き、実は乾季に良く取れ、6月から12月が主な収穫期です。
 ブラジルの熱帯雨林に自生するアサイベリーは栄養が豊富に含まれた、まさに自然の恵み。ベリーとチョコレートを合わせたような野趣あふれる味で、抗酸化物やアミノ酸、脂肪酸などを豊富に含んでいるため、活力の源ともいわれる果物です。

人気上昇中のアサイベリー!その理由は?
 アメリカで有名なトークショー「Oprah Winfrey」 で紹介されたことよりも、日本ではベストアサイーニスト。聞き慣れない言葉ですが、アサイフルーツの効果や効能をたくさんの方に知っていただきたいことから、株式会社フルッタフルッタが、著名人の中で、特に貢献度の高いと認められた方に、感謝の意味を込めて「ベストアサイーニスト」の称号を、トップモデルの一人である「押切もえ」に送ったことから、飛躍的に有名になったと言えます。

なぜ液状(ジュース)?
 健康補助食品というと、固体(サプリメント)が一般的ですが、実はより効果的に体内へ取り入れるためには液体状(ジュース)になっているのが好ましいのです。
 そこで、効果・効能が他のフルーツより秀でているアサイを主原料に10種類以上のフルーツを交ぜたMonaVieジュースが大変な人気を呼んでいます。これからは、テレビ番組などで取り上げられ、その名前を耳にすることになるでしょう。
 またアサイベリーの注目すべき点は、体にとって必要な栄養分を驚くほど含んでいることです。
「自然界のエネルギー・フルーツ」「アマゾンの奇跡」とも呼ばれており、「スーパーフード・リスト」なるものの10位に登場するほどと言われています。

効果や効能はあるの?
 気になる効果・効能は、アンチエイジング(老化を防ぐ、あるいは遅らせる)効果としてアントシアニン。そして目の疲れに効果があるとされているポリフェノール。特に、アサイベリーに含まれるポリフェノールは赤ワインの約30倍と言われております。また、夏の紫外線による肌の老化を防ぐにはうってつけの食材と言えるかもしれません。
 次に、身体がつくられるのに欠かせない栄養素、必須アミノ酸と微量ミネラルが含まれています。
これらの栄養素は筋肉の適切な収縮や筋肉の再生に重要なものと言われております。微量元素のテオプロミンは、カカオ豆独特のほろ苦い香り成分で、集中力、思考力をサポートし、リラックスさせる効果があると言われています。
そしてアマゾンのミルク」と例えられるほどカルシウムを牛乳と同じくらい多く含み、鉄分がレバーの約3倍、繊維がこぼうの約3倍もあるようです。
 さらに、これらのアサイベリーに含まれる抗酸化物資、必須脂肪酸、食物繊維、植物性ステロールの相乗効果によって血管と消化管の健康を促進する作用があると言われています。
 このようにアサイベリーは、ミネラルバランス摂取という面からも非常に優れた希少価値の高い果物で、人間の体に必要な成分が全て含まれていると言えるでしょう。

フルーツのブレンド

バランス。バラエティ。適正。健康思考のモナヴィー製品は、自然の滋養物の驚異の1つであるブラジル産のアサイと18種類もの健康的なフルーツの独特なブレンドが特徴です。
モナヴィー製品の主役はアサイベリーですが、自然の新鮮なフルーツには何千種類ものファイトニュートリエントが含まれています。モナヴィーでは、1つだけ強調するためにほかのすべてを犠牲にするということはしたくありませんでした。
そのため、モナヴィーの科学者と製品開発チームは色とりどりのバラエティに富んだフルーツを選択しました。
これらの厳選されたフルーツが独特に組み合わされて、モナヴィーのバランスのとれたプレミア ブレンドが完成されたのです。

アサイについて

ブラジル産のアサイベリーは、肥沃で栄養分の高いアマゾンの熱帯雨林に自生しています。
何世紀にもわたりアマゾンの人々は、このユニークなフルーツを健康と活力の源として崇拝し珍重してきました。

ラテン名 Euterpe oleracea

  • アマゾン川河口の氾濫原や高知に繁茂する
  • 平均 15–20 メートルの細い幹 (少し曲がっている場合もあり) のヤシ科の木に実る
  • 熟すると緑から濃い紫に変わる
  • 直径 12–15 ミリになる
  • 1年中収穫可能だが、ブラジルの乾季 (7月–12月) に最もよく取れる

モナヴィーは、科学的に配合したブレンドにアサイの果実およびフリーズドライパウダーの組み合わせを使用しています。 高度なフリーズドライ製法 (新鮮なフルーツの栄養成分を保持する乾燥技術)
を使用して得られたモナヴィー・フリーズドライ・アサイには、皆様の健康をサポートします。